当研究チームは2000年に設立され、 一人ひとりの遺伝的背景を考慮したオーダーメイド医療の実現を目指して大規模なゲノム解析を実施しています。 チーム設立当初はMultiplex PCR法とインベーダー法を併用した高速SNPタイピングシステムを確立し、 国際ハップマッププロジェクトに貢献しました。 その後、2005年からは文部科学省委託事業「オーダーメイド医療実現化プロジェクト」のゲノム解析中核研究機関として、 バイオバンク・ジャパンが収集した20万人以上の様々な疾患の患者さんを対象とするゲノムワイド関連解析を推進してきました。 近年では、集団内における存在頻度が低いものの疾患発症への寄与が大きい「レアバリアント」に特に着目し、 遺伝性腫瘍(がん)を中心に研究を進めています。 このような大規模ゲノム解析を通じて、病気で苦しむ人を一人でも減らすことを目標に研究を行っています。

News


2022年09月22日 更新情報
研究内容ページを更新しました
2022年09月06日 プレスリリース
碓井先生の論文がCancer ScienceにPublishされました  詳しくはこちら:理研プレスリリース
2022年09月06日 プレスリリース
桃沢チームリーダーの論文がClinical Gastroenterology and HepatologyにPublishされました  詳しくはこちら:理研プレスリリース
2022年04月27日 採用情報
上級研究員、研究員もしくは特別研究員を募集しています  詳しくはこちら:理研採用情報
More...

News


2022年09月22日 更新情報
研究内容ページを更新しました
2022年09月06日 プレスリリース
碓井先生の論文がCancer ScienceにPublishされました  詳しくはこちら:理研プレスリリース
2022年09月06日 プレスリリース
桃沢チームリーダーの論文がClinical Gastroenterology and HepatologyにPublishされました  詳しくはこちら:理研プレスリリース
2022年04月27日 採用情報
上級研究員、研究員もしくは特別研究員を募集しています  詳しくはこちら:理研採用情報
More...