Information about the events

開催日時

令和元年 12月 2日

13:30 - 17:30 受付12時30分より
18:00 - 20:00 ポスター発表・懇親会

懇親会費 一般 : 3,000円 学生 : 1,000円

会場

理化学研究所 横浜キャンパス
交流棟ホール

横浜キャンパス 交通案内

参加登録

ポスター発表、懇親会の受付は終了しました。

参加登録はこちらから
cassava
starch
worm

overview

概要

熱帯、亜熱帯地域で主に栽培されるキャッサバは、食料、飼料、加工原料やバイオエタノールの原料などに利用され、世界の10億人の食糧源・収入源となっている重要な澱粉資源作物である。 キャッサバは、貧栄養土などの様々な悪影響下にも耐えうる能力を有しているため、将来、食糧問題・人口問題・環境問題などの地球規模課題解決への貢献も期待されている。 キャッサバの研究基盤に関しては、2014年にドラフトゲノムの最初の報告がなされ、形質転換系やトランスクリプトーム解析システムの開発など研究基盤の整備も進んでいる。 最近は、国内でもキャッサバ生産が増加し、タピオカブームの再到来・拡大などによりキャッサバに興味を持つ研究者や国民が増えつつある。 このシンポジウムでは、「無駄がない資源作物」とも呼ばれるキャッサバについて、最先端研究を行っている研究者などが、キャッサバの特性、生物学的研究、国内外の栽培・研究の取り組み、産業的利用、地球規模課題への貢献の観点などについて研究発表を行うことで情報交換、交流、議論を行う。 我が国におけるキャッサバ研究ネットワークを構築するとともに、この分野の推進を図ることを目的とする。

Program

プログラム

タイトル 講演者
13:30-13:40 開会挨拶 関 原明
(理化学研究所 環境資源科学研究センター)
13:40-14:10 世界のキャッサバ研究の動向 石谷 学(CIAT)
14:10-14:40 東南アジア諸国との連携による
澱粉作物キャッサバの分子育種の推進
内海 好規
(理化学研究所 環境資源科学研究センター)
14:40-15:00 カンボジア、ベトナムおよびタイにおける
SATREPSキャッサバプロジェクト
高須 啓志(九州大学)
15:00-15:20 東南アジアにおけるキャッサバの
健全種苗生産システムの構築
およびフィールドトランスクリプトーム解析
徳永 浩樹
(理化学研究所 環境資源科学研究センター)
15:20-15:50 コーヒーブレイク
15:50-16:10 東南アジアのキャッサバモザイク病とその対策 宇垣 正志(東京大学)
16:10-16:40 澱粉メタボリックエンジニアリング:現状と今後の課題 中村 保典(秋田県立大学)
16:40-17:10 植物における精密ゲノム編集 土岐 精一(農研機構)
17:10-17:30 エリ蚕の紹介 小林 功(農研機構)
17:30-17:40 総合討論、閉会挨拶 関 原明
(理化学研究所 環境資源科学研究センター)
18:00-20:00 ポスター発表・懇親会
(横浜キャンパス交流棟パーティールーム)
Title Speaker
13:30-13:40 Opening remarks Motoaki Seki
(RIKEN CSRS)
13:40-14:10 Trends and Prospects for Global Cassava R&D Manabu Ishitani(CIAT)
14:10-14:40 Advancement of Asian Cassava Molecular Breeding Yoshinori Utsumi
(RIKNE CSRS)
14:40-15:00 SATREPS Cassava Project in Cambodia, Vietnam and Thailand Keiji Takasu
(Kyushu Univ.)
15:00-15:20 Developing a sustainable seed system for cassava in Southeast Asia
and analyzing field transcriptome
Hiroki Tokunaga
(RIKEN CSRS)
15:20-15:50 Coffee Break
15:50-16:10 Occurrence of cassava mosaic disease in Southeast Asia Masashi Ugaki
(The University of Tokyo)
16:10-16:40 Starch bioengineering: Present and Future Yasunori Nakamura
(Akita Prefectural Univ)
16:40-17:10 Precision genome engineering in plants Seiichi Toki(NARO)
17:10-17:30 Silk and rearing of eri silkworm Isao Kobayashi(NARO)
17:30-17:40 General discussion and closing remarks Motoaki Seki
(RIKEN CSRS)
18:00-20:00 Party(RIKEN Cafeteria)

contact us

お問合せ

関 原明(理化学研究所 環境資源科学研究センター)
〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目7番22号
E-MAIL: pgnrt_yokohama[at].ml.riken.jp