サイエンスカフェTOPへ

理研よこはまサイエンスカフェ
ゴールは実用化?新しい学問「レギュラトリーサイエンス」

Illustrations by Osamu Kawamura
日時
2015年1月31日(土)14:00~16:00
定員
40名(申込多数の場合は抽選)
会場
横浜市中央図書館
申込
受付終了

健康・福祉の発展に寄与する研究のゴールは論文ではなく、医療現場で実用化されることです。これには、医療の厳しい基準をクリアする必要があります。このため、ゴール(実用化)に導くために必要な調整を行う学問であるレギュラトリーサイエンスが注目されています。今回は、苦楽様々な実用化研究のエピソードを中心にお話し、レギュラトリーサイエンスについてご一緒に考えてみたいと思います。

開催レポートを見る

向後 泰司
講師
向後 泰司
社会知創成事業 予防医療・診断技術開発プログラム マネージャー
東京都出身。東京大学大学院農学生命科学研究科卒。獣医師、獣医学博士。理研にて、インフルエンザ診断キットの薬事承認取得へのマネジメントを経験。現在、理研と医薬品医療機器総合機構を兼務し再生医療(iPS研究)およびレギュラトリーサイエンスの普及に取り組んでいます。

関連展示「遺伝子研究から医療現場へ」

期間
2014年12月16日(火)─2015年1月31日(土)
会場
横浜市中央図書館

アクセス

マップ
横浜市中央図書館
〒220-0032 神奈川県横浜市西区老松町1
Tel:045-262-7336 Fax:045-262-0054
電車
京浜急行「日ノ出町駅」下車 徒歩5分
JR、市営地下鉄線「桜木町駅」下車 徒歩10分
バス
横浜市営バス「野毛坂」(103、292系統)、「中央図書館」(89系統)下車 徒歩1分
※駐車場はございませんので、隣接する有料の駐車場をご利用ください。


▲このページの先頭へ