展示「遺伝子研究から医療現場へ」を開催します

理化学研究所はサイエンスカフェ「遺伝子研究がつくる 未来の予防医療」及び「ゴールは実用化?新しい学問『レギュラトリーサイエンス』」を横浜市中央図書館と共催します。これらのサイエンスカフェの開催に合わせて、同図書館にて企画展示「遺伝子研究から医療現場へ」を開催します。

最近、遺伝子を簡単に調べるサービスが次々と立ち上がり、遺伝子研究の成果が私たちの身近で活用されるようになってきました。この展示ではサイエンスカフェのテーマと関連して、「遺伝子とは何か」、「遺伝子検査で何がわかるのか」などをパネルや模型、映像を通してご紹介します。また、遺伝子研究を予防医療の現場で活用する取り組みなど、最新の実用化研究についてもご紹介します。

会場ではこれらの展示に加えて、横浜市中央図書館が展示テーマに沿って厳選した所蔵資料の展示や貸出、館内4カ所を巡るキーワードラリーも行っています。遺伝子研究やその実用化について知るよい機会です。
ぜひご来場ください。

  • 期間:2014年12月16日(火)─2015年1月31日(土)
  • 会場:横浜市中央図書館 3階ヨコハマ資料展示コーナー、4階エレベーター前 (アクセス
  • 主催:横浜市中央図書館、理化学研究所 横浜事業所
  • 協力:理化学研究所 予防医療・診断技術開発プログラム
模型
ポスター

ニュース年別アーカイブ


▲このページの先頭へ