• 文字サイズ
  • サイズ小
  • サイズ中
  • サイズ大
  • 印刷する
News

横浜研究所設立10周年記念講演会

当日は約270名の皆様にご参加いただき盛大に開催することができました。
改めて感謝と共に厚く御礼申し上げます。

日程

開催日時:2010年11月25日(木) 13:30-17:30
場所:横浜市開港記念会館 講堂 
対象:一般
会費:無料

会場までのアクセス

  • 電車でお越しの場合:
    • JR京浜東北線・根岸線 関内駅 南口から徒歩10分(約700m)
    • 市営地下鉄線 関内駅 出口1から徒歩10分(約700m)
    • みなとみらい線(東急東横線乗り入れ) 日本大通り駅 出口1から徒歩1分(約50m)
  • バスでお越しの場合:
    • 「本町1丁目」から徒歩1分(約50m)
    • 「日本大通り駅・県庁前」から徒歩3分(約200m)

参加申し込み

どちらかの方法でお申し込み下さい

・WEB登録(参加登録用ページを開きます)

参加受付は終了いたしました。

・FAXやはがき(必要事項を明記の上、下記の宛先およびFAX番号宛にお送り下さい)

1.氏名(ふりがな)
2.職業
3.パネリストへの質問事項
4.研究所からのイベント情報配信の希望の有無

〒230-0045 横浜市鶴見区末広町1-7-22
(独)理化学研究所横浜研究所 研究推進部企画課 横浜研究所設立10周年記念講演会事務局 行
Tel: 045-503-9117(直通)
Fax: 045-503-9113

プログラム

13:30−13:40 開会挨拶     --- 理化学研究所 理事長 野依 良治
13:40−14:00 来賓挨拶
14:00−14:30 記念講演:ゲノム研究の10年     --- 理化学研究所 研究顧問  和田 昭允

この10年のゲノム研究の流れを振り返るとともに 日本のこれからのために若手研究者を育てる大切さを説く

14:30−15:30 記念講演:ライフサイエンス研究の未来と夢
     --- 名古屋大学 生物機能開発利用研究センター 教授  芦苅 基行
     --- 慶應義塾大学 医学部 教授  小安 重夫
     --- 理化学研究所 オミックス基盤研究領域 特別研究員  長谷川 由紀

これから何を目指し、何をやろうとしているのか
     ― 世界の潮流を見据えたライフサイエンス研究の未来と夢を語る

15:30−15:40 休憩
15:40−17:20 パネルディスカッション

テーマ1:
「ライフサイエンス研究の未来と夢を踏まえて-理研横浜研究所の役割」

横浜研究所は何ができるか、何をしようとしているのか

テーマ2:
「サイエンスと社会のつながりー “健康” に貢献するサイエンス」

研究成果がどのように社会還元されているのか
「健康」に対してサイエンスがどのように貢献し、今後どのようなことが期待されるのか

【ファシリテーター】日経BP編集長 宮田 満

【パネリスト】
鳥居薬品株式会社  篭橋 雄二
DOWAエコシステム株式会社  川上 智
横浜市立大学  西村 善文
理研植物科学研究センター  篠崎 一雄
理研ゲノム医科学研究センター  鎌谷 直之
理研免疫・アレルギー科学総合研究センター  谷口 克
理研オミックス基盤研究領域  林崎 良英
理研生命分子システム基盤研究領域  横山 茂之
理研生命情報基盤研究部門  豊田 哲郎
理研新興・再興感染症研究ネットワーク推進センター  永井 美之

17:20−17:25 閉会挨拶     --- 理化学研究所 横浜研究所 所長  大熊 健司